[漫画]アルスラーン戦記3巻

2015年4月からアニメ化も決まったんですね。荒川先生長い間ご家族の都合らしいですが休業されていて、その間もアニメの話は進んでいたんでしょうか。結構小説から変えられているけど、今は大体同じような感じですかね。 アニメ「アルスラーン戦記」 ナルサスの助力を得て、カーラーンの方位から脱出した御一行様はファランギースとギーヴも合流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画]中国嫁日記4巻

ほのぼの四コマのはずが裏では無一文同然になっているという凄まじい状況だったんですね。詳しくはこちらで。 『中国嫁日記』作者 「ある日、いきなり無一文生活」を激白 ハードな状況の裏でほのぼの四コマ描くのは本人もかかれているように相当きつそう。それにしても仕掛品がこれだけあったとはなぁ…なんというか、自分の作りたいものを作るで会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画]コウノドリ7巻

一巻丸ごと生まれながらの問題を抱えた子供たちの話。しかも生きながらえられるかどうかわからない宿命を持った人と家族の話です。 いやぁ、これは人の親としてちょっといたたまれない話が続きます。新生児科医もいたたまれなくなったのかバーンアウト…確かにそうなっても不思議じゃないような気はします。 子供を持つとき、こういう悩みもあったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画]チェーザレ11巻

晴れて枢機卿となったメディチの御曹司ジョヴァンニ。ローマ入りしてボルジアと接触し、受け入れられる。しかしすぐに父のロレンツォが逝去し、後を継いだピエロの政策変更により三国同盟が解消されるというヨーロッパ激動の始まりとなるようですね。 架空の人物アンジェロから見たヨーロッパルネッサンス時代の激動面白いです。あと、異常ともいえる描写も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画]グラゼニ17巻&東京ドーム編1巻

突然の大物選手の復帰により、そのコストカットの余波を受けてブルーソックスから解雇されてしまった夏之助。しかし、実はダーティに周到に計画された取引の一環だったんですね。 夏之助をカットしてモップスの外国人を来年ブルーソックスに戻す、その代りに夏之助をカットするという密約が買わされていたというのが裏の真相。 夏之助はマイナーで一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画]ダンジョン飯1巻

ダンジョンに潜って一獲千金を求めるパーティ、しかしそこに番人(?)のドラゴンがいて、最愛の妹が身代りにドラゴンに食べられた。救出しようにも這う這うの体で逃げ出したので、食料も財産もほとんど洞窟の中。頼りのメンバーのうち二人は退職届を出して去ってしまう。 ドラゴンの章かは遅い(コマ切れまでなら何とか復活できるらしい)ので、妹を救出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画]商人道1巻

細野先生の作品は基本的に好きでほとんど読んでいるのですが、前作の電波の城は少し合わなかったので、ほとんど読んでいませんでしたので、久しぶり、という感じです。この人も続くと連載長いんですよね(^^;。 総合商社に勤める大佛晃人は課長のミスの尻拭いで飛ばされそうになっていたところを昔ながらのTHE商人を体現している熊代常務に吊り上げら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[雑誌][漫画]週刊少年マガジン2015年6号

いよいよというか、週刊少年マガジンをはじめとして講談社の週刊漫画が全部電子書籍化されることになったそうで喜ばしいことです。いつも通り、広告はなしですが、グラビアはありなんですね。グラビアはちょっと意外。 見開きのページもきれいに処理されていて、読みやすいと思います。一つ前の号(年末に発売された4・5合併号)では七つの大罪だけがピン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画]ワールドトリガー9巻

近界(アフトクラトル)侵攻が終盤。ものすごい盛り上がりますね。相手のトリガーの特性もだんだんわかってきて、反撃を行うボーダー。地力で押し返すアフトクラトルの侵攻部隊。 泥の王(ボルボロス)を持ったエネドラが調子に乗りすぎて、ボーダーの面々に敗れ、ミラに回収されるかと思ったら、度重なる命令違反などで見捨てられ、トリガーだけ回収されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画]三月のライオン 10巻

長らく待った10巻です。Kindle版は半月ほど遅れて登場したのでやっと読めました。うーん、これくらいなら待てるかな…某出版社のように半年とかは勘弁してほしいものです。 今回も桐山君というよりは川本家のお話が転がる話。ひなちゃん高校に行って友達もできて、やっと幸せになるのかなと思ったらまさかの出ていったお父さんの話。しかし、こうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画]進撃の巨人15巻

表紙をAmazonで見たとき、「これ一時的な表紙だよね」と思っていたらまさか正式版だとは(^^;。 話がどんどん進んで、とうとうクーデターが開始。中央憲兵の一番偉い人もクーデター嗜好だったとは。そこに至るまでの計画を立てるのが楽しいって、それなんて映画パトレイバー2ネタ。 反抗期の塊のようなエレンから巨人の力を移行させようと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画]MASTERキートン Reマスター

お久しぶりのマスターキートン。本屋やamazonでも絶賛発売中で、通常版は売り切れてて、カラー再現した豪華版を買いました…というか、Kindle版出ないのかー。 いつも通り人情話あり、SAS時代の暗い話あり、考古学者としての話あり、世界の暗い話あり。いずれも面白いですが、親愛なるアントニヤへとマリオンの壁という話が特に好みですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画]コンプレックス・エイジ2巻

趣味はひっそりやることも多いけど、コスプレの場合は見てもらわないと仕方がない、という面もあるし、さらに昨今のインターネットのおかげ(?)で拡散しやすくなっちゃいましたね…。アップする側される側、いずれも気を付けないといけませんが。 ちょっと間違うとこの葉山さんみたいに無邪気な悪意にさらされて、耐えられなくなって会社までやめる羽目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画]フラジャイル1巻

医療漫画といえばブラックジャックを筆頭に天才外科医とか、ヒューマンドラマ系、実録系になると思いますが、唯一(?)患者と直接接触しない病理医がテーマの本作品。 しかし、医者以上に患者の病気に相対する変人、岸京一郎。どんな摩擦や軋轢も気にせず担当医のカンファレンスで堂々自分の意見を押し通す感じは小気味いいけど、診断をこれだけ断定できる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kindle二周年セール

もう二周年記念ですか。Kindleセール、なにあるかな~ Kindleストア2周年記念セール Code Completeは名著でしかもお安いですね。上下で紙の本一冊分とほぼ同じ! Code Complete 第2版 上 完全なプログラミングを目指して日経BP社 2014-04-02 スティーブ マコネル Amazonアソシエイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画]狼の口1-6巻

前から気になっていたんですが、角川祭りでお安かったので一気買い。ハプスブルク家からの独立をもくろむ森林三連邦が外部と連携するためにハプスブルク家が設置した関所をあの手この手で抜けようとする有志達。しかしそれを悪魔のような目で一切見逃さない代官ヴォルフラム。 ヴィルヘルム・テル(一応架空の人物)とその息子がリーダーになってヴォルフラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画]超人ロック・新世界戦隊編

懐かしい!この新世界戦隊編はOVAにもなって作品としての知名度はあった(はず)ものの、なぜか単行本の入手が非常に難しくて、長い間持っていないものの一つでした。 何者かに記憶を奪われたロックを含む五人(エスパー)が何者かの指令に導かれて不本意ながらも解決を試みる、というお話。いろいろなどんでん返しというか、ラストはいつも以上に物悲し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

[漫画]ジャイアントキリング32巻

名古屋戦。雨の中にも拘わらず名古屋のペペのコンディションは絶好調。もう撃ったら入るという感じで組織の力でもどうにも太刀打ちできそうにない感じ。 達海は基本一対一で止めることをあきらめるも、試合まではあきらめていない。ボランチであるカルロスの相棒がなんで攻撃的な選手じゃないといけないんだ?というところから「ひょっとして故障しているん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画]コンプレックス・エイジ1巻

ずっとできる趣味もあれば、その時にだけ輝く趣味もある。Webでちばてつや賞準入選作品みたときは共感しまくりでした(^^;。いや、ゴスロリやコスプレ属性はありませんが、その時にしかできない趣味、というか、やりたいことってあるものです。 コンプレックス・エイジ 【第63回ちばてつや賞入選作品】 モーニングで連載始まったとき、ゴス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more